1次リーグ3連勝目指す 日本、サウジ戦へ調整

[ 2016年1月19日 00:07 ]

サウジアラビア戦に向けて調整する日本イレブン

 サッカー男子のリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU―23(23歳以下)アジア選手権で、1次リーグB組の日本は19日午後4時半(日本時間同10時半)からドーハでサウジアラビアと対戦する。2連勝でB組1位での準々決勝進出は確定しており、3連勝を目指す。18日は試合会場で最終調整し、南野(ザルツブルク)らが攻撃の組み立てを確認した。

 2試合連続でフル出場した遠藤(浦和)岩波(神戸)は軽めのランニングで、左脚打撲の室屋(明大)は別メニュー。鈴木(新潟)はピッチに姿を見せなかった。

 サウジアラビアは2分けの勝ち点2でB組2位につける。日本は22日にA組2位との準々決勝を戦う。

 ▼手倉森誠・U―23日本代表監督の話 試合開始から(布陣に)変化を持たせ、相手を迷わせたい。準々決勝のシミュレーションでもある。オープンな展開にならないようにコントロールしたい。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年1月19日のニュース