山口智 現役引退へ…今後は未定もG大阪からスタッフ就任要請

[ 2016年1月12日 09:06 ]

現役引退することが分かったJ2京都の元日本代表DF山口智

 元日本代表DFで前J2京都の山口智(37)が11日、現役引退することが分かった。12日にも正式発表。歴代10位のJ1通算448試合出場を誇るレジェンドが静かにスパイクを脱ぐことになった。

 山口は市原(現J2千葉)ユース所属の96年3月20日・京都戦で史上初の高校生Jリーガーとしてデビュー。01年にG大阪に移籍し、06年からはゲーム主将を務めた。強烈なリーダーシップを発揮して08年のACL制覇を始め、数々のタイトル獲得に貢献。06年から3年連続ベストイレブンを受賞し、G大阪を強豪クラブへと押し上げた。06年にはオシムジャパンに選出された。京都には15年入団。だがリーグ戦17試合出場にとどまり、双方合意のもと昨季限りで契約を解除していた。今季からJ2に昇格する山口などからオファーがあったが、この日までに決断した。今後については未定ながら、古巣のG大阪からはスタッフ就任を要請されている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年1月12日のニュース