大宮、千葉からFWペチュニク獲得 15年J2リーグ戦で14得点

[ 2016年1月2日 13:17 ]

 J1へ昇格する大宮は2日、J2千葉から元スロベニア代表FWネイツ・ペチュニク(29)を完全移籍で獲得したと発表した。

 ペチュニクは2015年シーズンに所属した千葉でJ2リーグ戦に39試合出場、14得点をマークした。

 ペチュニクは大宮を通じて「3年前、同じスロベニア人であるベルデニック監督、ズラタン選手、ノヴァコヴィッチ選手が共に所属しており、Jリーグで最初に応援したチームが大宮アルディージャでしたので、このクラブでプレーできることはとてもうれしいです。自分自身、J1での新たなチャレンジが楽しみですし、大宮は良いチームなのできっと素晴らしいシーズンになると期待しています。ファン・サポーターの皆さんに楽しんで頂けるシーズンにできるように頑張ります」とコメント。

 千葉を通じては、「ジェフ千葉に残り、もう一度J1昇格を賭けて戦いたい、とも思っていましたので、チームを離れることは非常に残念です。サポーターの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。ビッグクラブのジェフ千葉の一員として戦えることを、いつも誇りに思っていましたので、昇格できなかったことは本当に悔しいです。2016年シーズンは必ず昇格することを信じています。選手、スタッフ、チームに関わるすべての方々の幸運を祈っています」とコメントし、これまでのサポートに感謝した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年1月2日のニュース