無冠じゃ終われん!浦和 9大会ぶり大舞台へ“戦闘モード”

[ 2015年12月28日 05:30 ]

 9大会ぶりに天皇杯準決勝に駒を進めた浦和は27日、軽めの練習を行った。柏木ら前日の神戸戦に出場したメンバーはランニングなど30分ほど汗をかき、疲労回復に専念した。29日の柏との準決勝に向け、28日は戦術練習などで準備を行う。

 9年ぶりのリーグ制覇を目指した今季はチャンピオンシップ準決勝でG大阪に延長の末に敗れ年間3位に終わった。無冠では終われないため、天皇杯優勝へのモチベーションは高い。次戦に勝てば来季のACL出場権も獲得するため、準決勝は重要な一戦となる。「試合のモードに入ってきた」と柏木が話していた通り神戸戦では流れるパスワークで3点を奪う大勝。9大会ぶりの天皇杯優勝へ視界は良好となっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年12月28日のニュース