44年ぶり屈辱…マンU 公式戦4連敗で指揮官が辞任示唆

[ 2015年12月28日 05:30 ]

公式戦4連敗を喫し頭を抱えるマンチェスターUのファンハール監督(AP)

プレミアリーグ マンチェスターU0―2ストーク

(12月26日)
 マンチェスター・ユナイテッドは格下に敗れ、61年以来44年ぶりの公式戦4連敗を喫した。

 前半19分、FWデパイの中途半端なバックパスを奪われ、ミスから失点。7分後に相手FKのこぼれ球から追加点を奪われた。今季初のベンチスタートとなったFWルーニーを後半から投入もしたが不発。解任危機が報じられているファンハール監督は「クラブは私をクビにする必要はない。自分でできる」と辞任を示唆した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年12月28日のニュース