G大阪 CS決勝の“雪辱”だ!指揮官「お互い総力戦になる」

[ 2015年12月28日 05:30 ]

 G大阪は27日、天皇杯準決勝の広島戦(ヤンマー)に向けて回復メニューを消化した。チャンピオンシップ(CS)決勝で敗れた相手とのリマッチだけに、長谷川監督は「勝ちたいですね。お互い総力戦になる」と力をこめた。

 ただ、チーム状態が万全でない。広島といえば、両サイドからのクロスが主な得点源。その対応にあたる守備陣が不足している。発熱のために鳥栖戦を回避したDF藤春はこの日、サブ組に混じってプレーするも、「体重が2、3キロ減った。やっているときに咳が止まらなかった」と弱音を吐いた。

 鳥栖戦で左サイドバックに入った今野も、本職ではない。DF西野の負傷でセンターバックもやり繰りが難しい。クラブW杯で3位に入り、自信みなぎる相手に指揮官は「ノっている選手が何人もいる」と警戒した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年12月28日のニュース