松本FW池元 1年で北九州へ復帰「思うようにいかず、難しい1年に」

[ 2015年12月25日 16:11 ]

 J2北九州は25日、来季J2へ降格する松本からFW池元友樹(30)が完全移籍で加入すると発表した。

 福岡県北九州市出身の池元は、昨季J2リーグ戦42試合で15得点をマークするなど5年間在籍した北九州でエースとしてプレー。今季J1へ昇格した松本へ完全移籍したが、J1リーグ戦8試合1得点に終わっていた。

 池元は北九州を通じ、「去年移籍する時、強い覚悟を持ち北九州を離れました。しかし思うようにはいかず、難しい1年になりました。自分なりに考え、また北九州でやらせてもらおうと決めました。今の自分には結果を出すことしかないと思っています。今回の移籍に関わってくださった方、今まで支えてくださった方々のためにも、ギラヴァンツ北九州で自分らしくしっかりとやっていきたいと思います。また応援をよろしくお願いします」とコメント。

 1年で去ることになった松本を通じては、「ギラヴァンツ北九州へ移籍する事になりました。結果を出せずチームの力になれず悔しい1年でしたが、この時間の中で自分にはプラスになった事もあったと思います。この経験を前向きに捉えて、これからに活かしていこうと思っています。どんな時も熱い声援。温かい言葉、本当に力になりました。1年間でしたが本当に素晴らしい環境でやれた事、たくさんの方達に感謝しています。ありがとうございました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年12月25日のニュース