J2降格の山形、FWディエゴ・ローザを完全移籍で獲得

[ 2015年12月16日 18:15 ]

 来季J2へ降格する山形は16日、ルヴェルデンセ(ブラジル)からFWディエゴ・ローザ(26)が完全移籍で加入することが決定したと発表した。メディカルチェック後に正式契約となる。

 ブラジル出身の同選手は身長1メートル80、体重73キロ。これまでジュベントゥージ、ヴァスコ・ダ・ガマ、ポンチ・プレッタ、ASA・デ・アラピラカ、ABC、パウリスタ、CRB、ペナポレンセ、ルヴェルデンセと全てブラジル国内クラブでプレーしてきており、ブラジル以外でのプレーは初となる。

 クラブを通じ、「このクラブのユニホームに袖を通すことをとても誇らしく、光栄に思っております。皆様にお会いし、温かい気持ちを肌で感じたいと思い、最善を尽くして、またJ1に戻れるよう頑張ります。できるだけ早く日本語を勉強し、周りとのコミュニケーションを取り、日本の文化や習慣を身につくことを楽しみにしています。新しいチームメイトと力を合わせ、J1復帰を実現したいと思います。一丸となれば、より強くなる!よろしくお願いします」とコメント。

 今季J1でチーム最多の10得点をマークしたブラジル人FWディエゴ・ソウザ(31)はすでに来季の契約を更新しており、来季はディエゴとディエゴが2トップを組む可能も出てきた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年12月16日のニュース