引退表明の澤にねぎらいの声 なでしこ丸山「衝撃」岩渕「まだまだ一緒に…」

[ 2015年12月16日 14:55 ]

大阪高槻のFW丸山桂里奈

 なでしこジャパンのMF澤穂希(37=INAC神戸)=が16日、今季限りで現役を引退することを表明。女子サッカー界のレジェンドの決断を受け、サッカー選手をはじめアスリートからはねぎらいの声が相次いだ。

 前回2011年W杯ドイツ大会で一緒に優勝を勝ち取った大阪高槻のFW丸山桂里奈(32)はツイッターで「澤さんが引退…衝撃」とポツリ。ドイツ大会に続いて今年のカナダ大会でもともにプレーしたFW岩渕真奈(22=バイエルンM)はツイッターで「大好きな大好きな澤さんの引退発表。まだまだ一緒にやりたかったけど、大好きな澤さんと一緒にサッカーできてとっても楽しかったし幸せでした。澤さん!ありがとうございました」と感謝の言葉を送った。

 FW大儀見優季(28=ボルフスブルク)もツイッターを更新し、「澤さんが引退。。とにかく感謝しかないです。常に先頭に立ち色んな壁や苦難を乗り越えて、こうして女子サッカーの道を切り拓き、歴史を繋いできてくれた。私の想いは直接伝えました。澤さんとサッカーできて最高に幸せでした!」とコメント。

 元陸上五輪選手の為末大氏(37)も「おつかれさまでした」とつづった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年12月16日のニュース