太田 フィテッセ完全移籍!4年半の長期契約に「苦渋の決断」

[ 2015年12月16日 05:30 ]

オランダ1部フィテッセに完全移籍することなったFC東京のDF太田

 FC東京のDF太田宏介(28)がオランダ1部フィテッセに完全移籍することが15日、両クラブから発表された。移籍金は推定1億円で、契約は20年6月末までの4年半。太田はFC東京を通じ「愛する東京を離れるのは苦渋の決断だった」と悩んだ末の移籍だったことを明かし「年齢的にも最後のチャンスと捉え挑戦することを決めた」とコメントした。

 今季はJ1最多13アシストを記録。日本代表としても実績のある左サイドバックに、若手選手の多いフィテッセはピッチ内外で大きな期待を寄せている。太田はまずはFC東京での天皇杯制覇に全力を注ぎ、その後、年明け早々にも離日し、スペイン合宿からチームに合流予定。1月23日、敵地での名門アヤックス戦でデビューする可能性もあるという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年12月16日のニュース