昨年の雪辱期す浦和 退団の鈴木もベンチ入り、意気込む指揮官

[ 2015年11月21日 17:51 ]

神戸戦に向けて調整する浦和・柏木(左)と槙野

 浦和は21日、さいたま市内の練習場で通常通り紅白戦などで最終調整した。5万人を超す観衆が集まる見込みの一戦に向け、ペトロビッチ監督は「振り返るとあっという間にここまで来た。神戸は簡単な相手ではないが、勝利で締めくくりたい」と意気込んだ。

 練習中に首を痛めた興梠の出場は微妙だが、監督は今季限りで退団する鈴木をベンチに入れることを明言。浦和一筋で16年目のMFは「試合に出ても出なくても、僕が望むのはチームが勝つことだけ」と話した。

 昨季は最終節に勝てばリーグ優勝が決まる状況だったが、ホームで名古屋に逆転負けした。槙野は「悔しい気持ちは、1年たってもまだ忘れない」と雪辱を期す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年11月21日のニュース