サイドから攻略だ!長友「上がる回数を増やしたい」

[ 2015年11月12日 05:30 ]

ランニングする(左から)本田、長友、武藤ら

W杯アジア2次予選E組 日本―シンガポール

(11月12日 シンガポール・カラン)
 日本代表DF長友が引いてブロックをつくる相手をサイドから攻略する。

 8月の親善試合シンガポール―カタール戦で左サイドバックのクロスを右サイドバックが決めたカタールの得点をチェック。相手が6バック気味になることも想定し「タイミング良く上がる回数を増やしたい。バランスを取りながらサイドで勝負できれば」とイメージを膨らませた。インテル・ミラノでは開幕当初は構想外だったが、真摯(しんし)な練習態度で信頼を勝ち取り最近2試合はフル出場。カテナチオの国で活躍する経験を生かして、人数をかける相手守備陣を切り裂く。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年11月12日のニュース