カズ、49歳シーズンも現役!横浜FCと契約更新、“11並び”発表

[ 2015年11月11日 11:23 ]

来季の契約を更新した横浜FCの三浦知良

 J2横浜FCはFW三浦知良(48)の代名詞でもある「背番号11」にちなんだ11月11日の11時11分、カズとの来季の契約更新を発表した。プロ30年目となった今季のカズは9年ぶりに開幕スタメンを果たすと16試合に出場し3得点をマーク。6月28日の水戸戦では自身の持つJ2最年長得点記録を48歳4カ月2日に更新するなど健在ぶりが光った。クラブ側は早くから契約更新の方針を固めていた。

 カズはクラブを通じて「2016シーズンの契約を無事に更新することができました。いつも支えていただいているクラブ関係者、サポーターの皆様に感謝申し上げます。今後も全力を尽くし努力し続けたいと思います」とコメントを発表した。

 現在は先月18日の京都戦で負傷した右臀部(でんぶ)付近痛のため別メニューでの調整が続くが、既に「ランニングもしているしボールも徐々に使っている」と話すなど回復は順調。可能性のある限り今季最終戦となる23日の群馬戦(ニッパツ)での復帰を目指していく。オフには毎年恒例のグアム自主トレを経て、前人未踏の49歳で迎える来季に備える。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年11月11日のニュース