×

本田プロデュースのJrユースがセレクション 金の卵発掘へ全力

[ 2015年10月31日 20:19 ]

本田圭佑プロデュース「SOLTILO FC ジュニアユース」が行った第1回セレクションには12人が参加した

 ACミランの日本代表FW本田圭佑(29)プロデュースの「HONDA SOLTILO」が16年4月から活動を開始させる「SOLTILO FC ジュニアユース」の第1回セレクションが31日、千葉県の了徳寺スポーツパークで行われた。東京都や千葉県内から12人が参加。撮影されたセレクションの様子は本田にも送られ、“第2の本田圭佑”発掘へ全力を注ぐ。

 「SOLTILO FC ジュニアユース」では、技術だけでなく大きな夢をものおじせずに発言できる選手を育てるのも大きな目標の一つ。冒頭には、セレクションのスタッフが「みなさんの夢は何ですか?」と本田がいつもする質問を投げかけ、参加者は「Jリーグでプレーしたい」「日本代表になるためにハリルホジッチ監督にアピールしたい」「レアルでプレーしたい」「ネイマールみたいになるためにブラジルでプレーしたい」など、それぞれの夢を語る一幕もあった。その後はミニゲームなどが行われ、参加者は必死にアピールした。

 セレクションは、11月3、7日の残り2回。この日と同じ了徳寺スポーツパークで開催される予定で、既に合計で50人以上が参加予定。申し込みは11月5日まで受け付けている。全日程を消化した後の同9日に合否の通知をする。通過者は11月23日の最終セレクションに進出する。最終セレクションには「SOLTILO FC スーパーバイザー」である元日本代表DFの秋田豊氏(45)も参加予定という。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2015年10月31日のニュース