×

ACL準決勝敗退アルヒラル、相手の選手起用巡りCASに提訴

[ 2015年10月31日 00:31 ]

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準決勝で敗退したアルヒラル(サウジアラビア)は、対戦相手のアルアハリ(アラブ首長国連邦)が出場資格のない選手を第2戦に起用したとしてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴した。30日、CASが明らかにした。第2戦は3―0の扱いとなり、アルヒラルが決勝に進むべきと訴えている。

 10月20日の第2戦に3―2で勝ったアルアハリが2戦合計4―3で決勝進出を決めた。CASは11月3日までに裁定を下すとしている。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2015年10月31日のニュース