え!?Jリーグ知らない生徒3割…カズ普及へ「永久に努力する」

[ 2015年10月15日 08:25 ]

横浜の小学校で訪問授業するカズ

 J2横浜FCのカズことFW三浦知良が、横浜市立川島小で訪問授業「夢で逢えたら」を実施した。03年に自身が立案した企画で26回目。カズは6年1組の教壇に立ち、夢を持つことの大切さを訴えた。「1年で最も稼いだ金額は?」との小学生ならではの質問も飛んだが「豪邸が100個買えるくらい」と返し笑わせたという。

 また、約3割の生徒がJリーグを知らない事実も判明。18日の京都戦に全校生徒439人の招待が決定し「広く知ってもらわないと。永久に努力していかないと」と話した。またラグビー日本代表のFB五郎丸が少年時にカズに憧れていたとの話を伝え聞くと「ありがとうございます。(ポーズは)できませんよ(笑い)。いろんな競技で刺激しあいたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年10月15日のニュース