今野 腰の痛み引かず…17日浦和戦出場へ黄信号

[ 2015年10月13日 09:04 ]

17日の浦和戦出場へ黄信号がともったG大阪・DF今野

 G大阪に試練が訪れた。決勝進出を決めた前日11日のナビスコ杯準決勝でDF今野が腰を打撲して後半途中交代。一夜明けても痛みが治まらず、17日の浦和戦(万博)出場へ黄信号が灯った。

 FC大阪との練習試合を見守った長谷川監督は「けさも痛いと言っていた。あまり痛みが引かないようならばMRI検査とか受けるかも…」と渋い表情。浦和戦ではFWパトリックとMF倉田が累積警告で出場停止になっており、今野まで欠場となれば大きな傷手だ。第2ステージ首位の広島とは残り4試合で勝ち点差6。奇跡の逆転優勝のためにも、今野の驚異的な回復に期待がかかる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年10月13日のニュース