清水残留厳しく…5失点大敗で年間順位最下位に転落 山形18戦勝ちなし

[ 2015年9月26日 21:38 ]

J1第2S第12節

 J1は26日、各地で第2ステージ第12節の9試合が行われ、広島が5―1で清水に大勝し、首位をキープした。敗れた清水は7戦勝ちなしとなり、年間順位で最下位に転落した。

 第1ステージ覇者で年間順位1位の浦和は2―1で鹿島に逆転勝ちを収めて3連勝。順位を1つ上げて3位に浮上した。

 G大阪は3―1で柏を破り、4位に浮上。前節3位だった柏は7位に順位を下げた。FC東京は1―0で松本に勝ち、5位に浮上。敗れた松本は8戦勝ちなしとなった。

 川崎Fは2―1で新潟に逆転勝ちし、6位に浮上した。甲府は1―0で鳥栖に勝ち、4戦ぶり勝利。敗れた鳥栖は5戦勝ちなし。名古屋は2―0で神戸を下し、5戦ぶり勝利。敗れた神戸は3連敗となった。

 湘南と横浜の“神奈川ダービー”は1―1で引き分け。湘南は3試合連続ドローで、横浜は7戦負けなしとなった。山形と仙台は1―1でドロー。山形は第2ステージ未勝利で18戦勝ちなしとなった。

 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年9月26日のニュース