ストライカー不在の神戸 FW小川復帰目指して急ピッチ

[ 2015年9月23日 05:30 ]

左足首痛で2カ月以上欠場しているFW小川が復帰目指して急ピッチに調整中

J1第2S第12節 神戸―名古屋

(9月26日 パロ瑞穂)
 初のタイトルに向け心強い戦力が帰ってきた。リーグ2連敗中の神戸は22日、西区で調整し26日のアウェー名古屋戦に備えた。前節の新潟戦で負傷交代したレアンドロと渡辺の両ストライカーは不在。攻撃陣のさらなる弱体化が心配されるなか、左足首痛で2カ月以上も欠場しているFW小川が別メニューながらも精力的に体力強化メニューを消化した。

 復帰メドが立たないまま室内でのリハビリに専念してきたものの、19日からピッチに出て本格的なトレーニングを開始した。「ナビスコからと言われているけど、その前からいけたら」と10月3日の鹿島戦で復帰し、その後のナビスコ杯準決勝の鹿島戦(7、11日)へとつなげるプランを思い描く。1試合のスプリント回数でいまだリーグトップを守り続ける快足FWが停滞したチームに活力を与える。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年9月23日のニュース