遠藤 鉄壁守備で存在感!対人の強さを生かし外国人勢を“完封”

[ 2015年9月20日 05:30 ]

<仙台・湘南>後半、湘南・遠藤(中央)は仙台・金園(左)と激しく競り合いながらも巧みなボールさばきを見せる

J1第2S第11節 湘南1―1仙台

(9月19日 ユアスタ)
 3バックの右でフル出場した湘南の日本代表DF遠藤が守備で存在感を見せた。

 前半25分にPKで失点したものの、その後は対人の強さを生かしてハモン・ロペス、ウイルソンらをシャットアウト。「アジアで戦う上で、球際で外国人相手に勝たないといけないので、負けないことを意識した」と胸を張った。視察に訪れたU―22日本代表の手倉森監督も「外国人に当たり負けしていなかったし、体もたくましくなっている」と高評価していた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年9月20日のニュース