広島 鳥栖守備陣崩せず…スコアレスドローで年間首位から陥落

[ 2015年9月20日 05:30 ]

<広島・鳥栖>後半、ゴール前に攻め込むも阻まれる広島・佐藤(右)

J1第2S第11節 広島0―0鳥栖

(9月19日 Eスタ)
 広島は5バック気味に引いて守る鳥栖を崩せず、スコアレスドローで年間首位から陥落した。

 中山雅史(現JFL沼津)の持つJ1通算最多得点まであと1に迫っているFW佐藤は2戦連続不発で、後半26分に交代。「相手が“勝ち点1でも”という戦い方をしてきた中で、ブロックをどうこじ開けていくか。我慢比べを続けていた」と振り返った。連勝は「3」で止まり、年間順位は浦和に抜かれ2位。第2ステージ首位は守ったが、鹿島に勝ち点で並ばれた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年9月20日のニュース