前田 09年以来の4度目ハット!FC東京 J1通算200勝

[ 2015年9月13日 05:30 ]

<FC東京・神戸>ハットトリックを達成するFC東京・前田

J1第2節第10節 FC東京3―0神戸

(9月12日 味スタ)
 FC東京FW前田がハットトリックの活躍でチームを3戦ぶりの勝利、J1通算200勝に導いた。前半38分に右足で先制弾を決めると、後半24分、同33分にはいずれも東のアシストから右足で決めた。

 1試合3点は09年10月25日の名古屋戦以来で自身4度目。今季のゴール数を8、J1通算も145点にまで一気に伸ばした。広島の佐藤、川崎Fの大久保も同世代のストライカー。「彼らの活躍は刺激になる」と今後もライバルと切磋琢磨(せっさたくま)してゴールを積み重ねることを誓った。

 ≪通算4度目ハットは日本人4人目≫ 前田(FC東京)が磐田時代の09年10月25日・名古屋戦以来のハットトリックを達成。自身J1通算4回目。最多は中山雅史、ウェズレイ、佐藤寿人の6回で、4回以上は前田が8人目。日本人では中山、佐藤、三浦知良(5回)に次いで4人目だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年9月13日のニュース