×

宇佐美 シュート5本も決定機外し後悔「浮かせていれば…」

[ 2015年9月4日 05:30 ]

<日本・カンボジア>後半、シュートを外し悔しがる宇佐美

W杯アジア2次予選E組 日本3―0カンボジア

(9月3日 埼玉)
 日本代表FW宇佐美は後半20分からピッチに立ち、シュート5本を放つも、ゴールが遠かった。

 香川とポジションを流動的に変えながら、チャンスを築き、42分には相手GKと1対1の決定機。右足で、コースを狙ったシュートはセーブされ「浮かせれば決まっていた。あと少しの質というか、アイデアが欠けていた」と悔しさをあらわにした。所属のG大阪も含めれば公式戦9試合ノーゴールだ。この日の全得点を海外組が決めたことに「僕らが奮起しないといけない」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2015年9月4日のニュース