×

香川 ハリルJ初得点も“流し込むだけ”決定機外しガックリ…

[ 2015年9月4日 05:30 ]

<日本・カンボジア>後半ゴールをきめ、ガッツポーズする香川

W杯アジア2次予選E組 日本3―0カンボジア

(9月3日 埼玉)
 レジェンドに並ぶメモリアル弾も日本代表MF香川は喜び半分だった。

 2―0の後半16分、岡崎のシュートからゴール前が混戦になる。こぼれたボールを右足で狙い澄まし、相手DFの隙間を縫ってゴール右に流し込んだ。「決めなきゃいけないところで外していたので、ホッとしたというより良かったです」。ハリルホジッチ監督就任後、出場5試合目で初得点。1月20日、アジア杯1次リーグ最終戦のヨルダン戦以来となる通算21点目は、磐田などで活躍した中山雅史に並んで歴代10位となり「歴代の人たちが築いてきたものを超えていければ」と、今後も得点を重ねることを誓った。

 ただ、満足感よりも外した場面が頭の中を占めた。1―0の前半42分、左サイドをえぐった武藤からのクロスにファーサイドに待ち構えた香川。あとは無人のゴールに流し込むだけだったが、右足シュートは当たり損ねた。「あれは必ず決めなきゃいけなかった。慎重にいき過ぎて硬くなった」。ふがいなさにいらだちを抑えきれず、ゴールポストを蹴りつけた。決めていれば、もっと楽な展開となった試合。「(チームで)5、6点入れなきゃいけない試合だった」。アフガニスタン戦では力の差を得点差にも表してみせる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2015年9月4日のニュース