代表に“お手本”示した!俊輔 J1通算19号FK弾で浦和撃破

[ 2015年8月30日 05:30 ]

<横浜・浦和>前半、横浜・中村(10)はFKでゴールを決め笑顔を見せる

 J1第2S第9節は6試合が行われ、横浜は浦和に4―0で大勝し、今季2度目の4連勝を飾った。元日本代表MF中村俊輔(37)が前半28分に今季2度目の直接FK弾を決めるなど、3得点に絡む活躍。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が視察した一戦で、9月のW杯アジア2次予選を前に、日本代表へ“お手本”を示した形となった。

 ハリルジャパンにお手本を示す、鮮やかなFKだった。0―0の前半28分、FKを獲得した中村がゴールほぼ正面、約20メートルの位置から左足を振り抜くと、右上隅ギリギリに突き刺さった。7月19日のG大阪戦以来6試合ぶりのゴールは、自らのJ1最多記録を更新する通算19点目の直接FK弾。浦和を意気消沈させる一撃に、中村も「あのボール(公式球)とは相性が良く、少しこすり上げる感じにすれば飛んでいく」と納得顔。槙野、興梠ら浦和の日本代表勢をチェックすべく視察に訪れた日本代表のハリルホジッチ監督も「(日本代表に)若い選手でああいう選手が欲しい。彼がもう少し若ければ」と複雑な表情だった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年8月30日のニュース