清水FW金子がJ2栃木に育成型期限付き移籍…栃木県日光市出身

[ 2015年8月18日 18:11 ]

 J1清水は18日、FW金子翔太(20)J2栃木へ育成型期限付き移籍することが決定したと発表した。移籍期間は2015年8月19日から2016年1月1日まで。

 栃木県日光市出身の金子はJFAアカデミー福島から14年に清水入り。U―16、17、18、19と各年代の日本代表歴を持ち、今季はJ1リーグ戦5試合0得点、JリーグU―22選抜としてJ3リーグ戦9試合0得点。通算ではJ1が7試合0得点、J3が18試合2得点となっている。

 金子は清水を通じ「エスパルスにはJFAアカデミー福島時代から声をかけていただき、2013年の特別指定からお世話になってきました。しかし、なかなかチームの勝利に貢献することが出来ず、申し訳なく思っています。今回、チームがこのような厳しい状況の中にあって、すごく悩みましたが、移籍を決断しました。栃木SCではしっかりプレーし、来年はエスパルスの力になれるよう成長して帰ってきたいと思います。これからもよろしくお願いします」とコメント。

 栃木を通じては「このたび、清水エスパルスより加入しました金子と申します。栃木SCは僕の地元のチームであり、JFLのときから応援してきました。栃木SCも上位進出に向けて厳しい状況ではありますが、少しでもチームの力になれるよう、全力でプレーします。これから応援よろしくお願いします!」と談話を発表した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2015年8月18日のニュース