本田 2年連続ミラン“開幕ゴール”!アシストも記録、勝利に貢献

[ 2015年8月18日 05:55 ]

先制ゴールを決めて祝福される本田(中)=AP

 セリエA・ACミランのFW本田が17日のイタリア杯3回戦、セリエBのペルージャ戦でトップ下で先発し、チームの今季初の公式戦で“開幕ゴール”を決めるなど、1ゴール1アシストの活躍で、2―0の勝利に貢献した。

 前半10分、本田は左サイドのルイス・アドリアーノからのパスをナルティーエリア内でで受け、ゴールへ流し込んだ。本田にとって、昨年10月19日のベローナ戦以来のゴール。また、同28分には中央から前線のルイス・アドリアーノにスルーパスを送り、ゴールをアシストする活躍を見せ存在感を十分にアピール。後半24分にメネズと交代した。

 本田は昨シーズンもセリエA開幕戦となったラツィオ戦で先制弾を決め、チーム初ゴールをマークしていた。これまでも、09年VVVフェンロ(オランダ)、10年CSKAモスクワ(ロシア)で開幕弾を決めており、開幕に強い本田の本領発揮。

 23日のフィオレンティーナとのセリエA開幕スタメンに向けて、結果を出した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年8月18日のニュース