マグノが救った!劇的デビュー弾でセレッソ執念のドロー

[ 2015年8月9日 05:30 ]

<C大阪・千葉>後半ロスタイム、新加入で途中出場したマグノ・クルス(左)が同点ゴールを決める

 J2第28節、C大阪はホームで千葉と対戦し、1―1で引き分けた。7月に加入したMFマグノ・クルス(27)が後半ロスタイムに同点弾。新助っ人が土壇場でデビュー戦ゴールを決め、キンチョウスタジアム5周年の記念試合はドローに終わった。

【試合結果 J2順位表 得点ランキング】

 見せ場の乏しい内容ながら、C大阪が土壇場で勝ち点1を得た。敗色濃厚で迎えた0―1の後半ロスタイム、途中出場で公式戦初出場となったマグノがゴール前のワンツーから右足を振り抜くと、カーブの利いた一撃がゴール右に突き刺さる。キンチョウスタジアム5周年の記念試合。勝利で飾ることができなかったが、デビュー弾で2連敗は免れた。

 「勝ちたかったけど、ゴールを決めることができたのは良かった」と新助っ人は振り返った。雷の影響で一時避難の指示が出たため、45分遅れで始まった一戦。マグノと同じく初出場となったFWエジミウソンは、フル出場も不発に終わった。自動昇格圏の2位磐田との勝ち点差6は変わらず。意図した攻撃の形ができず、浮上のためには新外国人らとの連係を高めていくことが必要だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2015年8月9日のニュース