神戸 宿敵打倒へ渡辺トップ下、森岡ボランチ濃厚

[ 2015年7月25日 05:30 ]

 宿敵打倒の機は熟した。神戸は24日、G大阪戦(25日、ノエスタ)を前に西区で調整した。昨季は5戦して4敗1分けと惨敗し今季の6月7日のアウェー戦でも0―0に終わっただけに、今回は勝ち点3だけを求めて攻撃的に挑む覚悟。

 第2ステージ初スタメンのFW渡辺をトップ下に、ボランチにはMF森岡を配置する布陣が濃厚となった。ネルシーニョ監督は「前回対戦の時とは前線がちがう。チャンスを多く作ってそこで決めることを期待している」と力を込める。第2ステージ開幕後に苦しむ昨季の3冠王者に対し、神戸は2勝1分けで2位。初のタイトルを目指すクラブにとってのターニングポイントを迎える。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年7月25日のニュース