PR:

日テレの「カツオ」村松 リーグ戦初ゴールで代表アピール

<日テレ・岡山>後半22分、勝ち越しゴールを決めた日テレ・村松(左)はガッツポーズで喜びを爆発。右は先制ゴールの田中美南

なでしこリーグ第12節 日テレ2―1岡山湯郷

(7月20日 ニッパツ)
 なでしこリーグ第12節は20日、5試合が行われ、2位日テレは岡山湯郷に2―1で勝った。東アジア杯(8月1日開幕、中国・武漢)予備登録メンバーのFW田中美南(21)とDF村松智子(20)がそろってゴール。視察したなでしこジャパンの佐々木則夫監督(57)に代表入りをアピールした。また、首位のINAC神戸は、同じく予備登録の高瀬愛実(24)のゴールなどで伊賀に2―0で快勝。東アジア杯の代表は21日に発表される。 
【日程と結果 順位表】

 日テレの期待の若手2人が代表指揮官の前で躍動した。まずは前半34分、原のスルーパスに抜け出した田中がドリブルで切り込み、角度のないところから2戦連続弾。同点とされた直後の後半22分には、左サイドからのFKを村松がダイビングヘッドで押し込み、勝ち越した。古巣の応援に訪れた岩渕(バイエルンM)の前でリーグ戦初得点を決めた村松は「きのう(19日)ああいう形を練習していたので、来たらいいと思っていた」と笑顔を見せた。

 アニメ「サザエさん」のキャラクターに顔が似ていることから、あだ名は「カツオ」。バックアップメンバーとしてW杯カナダ大会前の国内合宿に同行し「自分もあそこ(W杯)にいきたい」と刺激を受けた。20歳のセンターバックは「上の人たちにプレッシャーをかけたい。(代表に)選ばれたら全力で頑張りたい」と力を込めた。

[ 2015年7月21日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:06月19日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム