×

西川 とんだ珍プレー!アウトカウント勘違いでボールをスタンドに…

[ 2015年7月20日 20:35 ]

6回、アウトカウントを間違えて観客席に球を投げ込み、ぼうぜんとする日本ハムの左翼手西川

パ・リーグ 日本ハム1―3楽天

(7月20日 札幌D)
 日本ハムの西川が、まさかの珍プレーを見せた。左翼手として出場し、0―2の6回1死一塁で、サンチェスの左飛を捕球したが、スリーアウトと勘違いし、スタンドにボールを投げ入れてしまったのだ。

 球場はどよめきが収まらず。このプレーで西川には失策が付き、さらに走者には2個の安全進塁権が与えられたため、2死三塁となった。だが、次打者の松井稼がライトフライに倒れたため、失点にはつながらなかった。

 その後、西川は8回にはチーム唯一の得点となる4号ソロアーチを放ち一矢を報いた。

 これまでも、2003年5月21日に巨人のレイサム左翼手がヤクルト戦で1死、一、二塁で捕球した後、スタンドにボールを投げ入れ失点となったことや、2011年5月26日には阪神のマートン右翼手がロッテ戦の8回に1死二塁で捕球した後、スタンドに投げ入れて失点につながった例がある。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2015年7月20日のニュース