三浦泰年氏、タイ2部チェンマイFC監督解任 20チーム中19位低迷

[ 2015年7月20日 16:00 ]

三浦泰年氏

 前J2東京V監督で、今季からタイ2部チェンマイFCで指揮を執っていた三浦泰年監督(50)が監督を解任されたことが20日、分かった。同日、クラブが発表した。

 チェンマイFCは1999年に創立され、2部に昇格した昨季は18チーム中5位と躍進。三浦監督を招へいした今季は悲願のプレミアリーグ(1部)昇格を目指していた。だが、前半戦の19試合を終え、4勝7分け8敗で20チーム中19位に低迷。2―3で敗れた19日の試合後に解任を通告された。クラブ関係者は「我々はもっと勝利を欲している」と話しているという。

 三浦監督はJ2北九州監督を経て、13年に3年契約でJ2東京V監督へ就任。だが、1年目に13位と低迷すると、14年には20位まで順位を下げてJ3降格危機に直面。同年9月に解任されていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年7月20日のニュース