宇佐美 名古屋戦を反省…次戦での“献身守備”誓う

[ 2015年7月18日 05:30 ]

横浜戦に向け意気込むG大阪FW宇佐美

 気持ちを入れ直して連勝街道を目指す。G大阪は17日、19日の横浜戦(万博)に向けて吹田市内で非公開調整した。

 逆転負けを喫してリーグ戦の連勝が2で止まった前節の名古屋戦で、献身性が足りないことから今季最短となる69分で交代を命じられたFW宇佐美は、試合翌日の16日に長谷川監督と面談。内容について「いつも言われているようなこと」と話しながらも「相手を追い込むときの技術や守り方にアバウトな部分があった。もう少し守備にも比重を置いてやりたい」と改善を約束した。

 練習前の約1時間に及んだミーティングでは、選手も発言して、攻守両面の課題を確認。「危機感を持ってやる。チームのやり方を確かめる良い機会になったと言えるように、しっかりとやっていきたい」と反省を口にしたエースが、横浜戦から再出発する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年7月18日のニュース