澤、川澄らに神戸市スポーツ特別賞 地位向上へ決意も

[ 2015年7月16日 17:25 ]

 神戸市は16日、サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会で準優勝した日本代表なでしこジャパンのメンバーで、INAC神戸所属の澤穂希選手ら7人にスポーツ特別賞を贈った。澤選手は市役所で「目標の頂点には届かなかったが、全力で戦った。声援ありがとうございました」と謝辞を述べた。

 ほかに川澄奈穂美選手らが出席。近賀ゆかり選手が「女子サッカーが注目されるようになった。神戸が聖地と言ってもらえるよう頑張る」と決意を語ると、久元喜造市長は「地位確立できるよう応援したい」と応じた。

 賞は国際大会などで優秀な成績を収め、市に縁のある選手やチームに贈られる。過去に岡崎慎司選手や香川真司選手らが受賞した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年7月16日のニュース