カズ、MF澤にキング流持論「次のW杯もあり得ると思う」

[ 2015年7月7日 08:09 ]

なでしこジャパンについて語る横浜FCカズ

サッカー女子W杯カナダ大会決勝 日本2―5米国

(7月5日 バンクーバー)
 J2横浜FCの三浦知良(48)がなでしこジャパンを称え、エールを送った。「結果は残念だけど決勝までいってくれた。ありがとうと言いたい。これで終わり、満足という世界ではない。大きな大会が終わればまたすぐ予選が始まる。リオ(16年五輪)に向けてはきょうから始まっていると思う」

 最後のW杯と位置付けるMF澤に対してはキング流の持論を展開。「ひとが言うことではないけど“最後”というのはきょうまでの気持ち。また、立ちたいと思う、アスリートとはそういうもの。本人の強い意志があれば次のW杯も澤さんならあり得ると思う。本人が信じれば伸びる要素はある」と願望も込めた。

 前回大会で優勝した4年前は選手全員に赤いバラを送った。今回も「ずっと考えていて業者にも頼んだんだけど、キャンセルだね。リオ五輪まで」とカズ。選手の気持ちも考慮し、祝福はお預けとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2015年7月7日のニュース