なでしこ準VでもCMオファー増?佐々木監督&岩渕に熱視線

[ 2015年7月7日 08:11 ]

<日本・米国>選手を集めて話す佐々木監督

サッカー女子W杯カナダ大会決勝 日本2―5米国

(7月5日 バンクーバー)
 優勝は逃したが、2大会連続で決勝に進んだ「なでしこジャパン」には今後、CMの出演依頼が増えていきそうだ。

 CM総合研究所の関根心太郎代表は「昨今のアスリートのCM起用は、国内での活躍もさることながら、世界で戦うことが重要視される」と指摘。企業自体をPRする企業広告が増加傾向にある中で、「そのメッセージは信頼、安心、チャレンジで、なでしこジャパンにピッタリ。女性、グローバルというキーワードも社会と時代の動きにマッチしている」とチーム全体のイメージが高く評価されるとした。

 広告代理店のキャスティング関係者は佐々木則夫監督と岩渕真奈をマークしたい人に挙げた。「佐々木監督は2大会連続で決勝進出という結果を出したことで信頼できる上司という安心感が増した。さらに、話し方も優しく、包み込む感じで、理想の上司のイメージ。今後、CMの依頼が増えていくはず」とみる。

 岩渕については「最年少というフレッシュさと、切れ込んでいくドリブル。“キレ”というキーワードに結びついたCMに声が掛かっていくのでは」とした。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2015年7月7日のニュース