カズ劇弾祝いに欧州組から高級ハット 寿司店貸し切りで“お返し”

[ 2015年7月2日 05:30 ]

三浦知良

 J2横浜FCの三浦知良(48)が欧州組からキングの代名詞の一つ、高級ハットを贈られたことを明かした。恒例の「カズ晩さん会」が行われたのは劇的ゴールを決めた水戸戦翌日の6月29日で、待っていたのは日本代表の長谷部、長友、香川、吉田、内田からの粋な“ゴール祝い”だった。

 「ボルサリーノ(イタリアの高級帽子ブランド)を頂きました!」とカズ。夏を意識した白のパナマ帽で侍ブルーの青が入ったデザイン。やや小さめサイズだったが、欧州組の心意気に喜びの大きさは無限大だ。一方のカズからは、といえば「僕からは寿司店を貸し切りと言うことで…」。都内の高級店を貸し切る太っ腹ぶりを見せた。

 6月のW杯予選での日本代表は格下シンガポールにまさかのドロー発進。だが、食事会を満喫したカズによれば「大丈夫。全然問題ないよ」。5月に結婚した内田も祝福し「すっごい楽しかった」と振り返った。欧州組と互いを高め合い、至福の時間を過ごしたキングは次戦4日の札幌戦で2戦連発を狙う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年7月2日のニュース