佐々木監督 モチベーション管理は選手一任「熟してますから」

[ 2015年6月30日 05:30 ]

イングランド戦に向けた練習で指示を出す佐々木監督(中央)

 モチベーション管理は選手にゆだねる方針だ。前回大会は試合前に東日本大震災、日本女子サッカーの歴史などの映像を見て闘志を高めたが、佐々木監督は「選手間でモチベーションを上げてくれる。新たに下手なことをやって(やる気を)下げたら困る。今の選手にモチベーションビデオをつくるのは大変」と笑い、選手に全幅の信頼を置く考えだ。

 国民栄誉賞を受賞した前回優勝メンバーは離脱した安藤を含めて17人。指揮官は「熟してますから(笑い)。寂しさは別に、もう本当に…。大人になった娘たちって感じです」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年6月30日のニュース