FC東京 太田 200試合出場「100試合のときは勝てなかったので」

[ 2015年6月20日 20:54 ]

J1第1S第16節 FC東京2―1鳥栖

(6月20日 ベアスタ)
 FC東京の日本代表DF太田宏介(27)が、J1通算200試合出場を勝利で飾った。

 2-1で逆転勝ちした20日のアウェー鳥栖戦にフル出場。アシストこそ付かなかったが、1-1の30分に森重が決めたPKは、もともと太田の左足クロスから始まった。太田のクロスをペナルティーエリア内で受けた武藤が右足で狙ったが、相手GK林がファインセーブ。それでもそのこぼれ球を拾ったFW前田が林に倒され、PKの判定。このPKを森重がきっちり決め逆転勝利を収めた。

 18年W杯アジア2次予選のシンガポール戦にも日本代表としてフル出場し、得意のクロスで存在感をアピールした日本屈指のレフティーは、「200試合?100試合のときは勝てなかったので、とりあえず勝てて良かったです」とホッとした表情をのぞかせた。
 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2015年6月20日のニュース