浦和 阿部主将 個性派集団まとめた「通過点 まだ先は続く」

[ 2015年6月20日 18:28 ]

<神戸・浦和>前半、浦和・梅崎はゴールを決める
Photo By スポニチ

J1第1S第16節 浦和1―1神戸

(6月20日 ノエスタ)
 浦和のMF阿部主将がペトロヴィッチ監督とともに誇らしげに優勝トロフィーを掲げた。

 「レッズは大勢の仲間がいっぱい戦っている。そういった人たちにも返すことができたかなと。まだ先は続くし、タイトルという名前が付くのはうれしけど、その先を見て戦っていかないといけないが、きょうは素直に喜びたい」と声をはずませた。

 個性派集団をまとめ、開幕から新記録となる16戦無敗での第1S制覇。「選手、スタッフだけでなく大勢の関係者や仲間がひとつになった結果」と主将らしく周囲への感謝を口にし、サポーターにも「まだまだ通過点。この勢いで突っ走っていきましょう」とさらなる奮闘を呼びかけた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2015年6月20日のニュース