異例 欧州組 2部練習で追い込む 長谷部「これまで通りでは駄目」

[ 2015年6月2日 20:16 ]

 サッカー日本代表は2日、長谷部(アイントラハト・フランクフルト)ら欧州組の8選手が参加して千葉県内で調整し、午前は走り込み、午後はミニゲームなどボールを使ったメニューをこなした。シーズンを終えたばかりの選手を2部練習で追い込むのは異例で、ハリルホジッチ監督は肉体面の強化を狙っているという。

 練習中は心拍数を測る機器を身に着け、疲労度や回復力の指標とした。選手にも数値を見せ、改善の余地があれば個別に指示を出している。長谷部は「これまで通りでは駄目ということ。フィジカルを根本から変えようとしている」と話した。

 3日に岡崎(マインツ)、長友(インテル・ミラノ)も合流の予定。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年6月2日のニュース