J2から唯一の代表、山口蛍フル出場も“選出御礼白星”飾れず

[ 2015年6月2日 05:30 ]

<札幌・C大阪>パスを出す山口(左)

J2第16節最終日 C大阪1―1札幌

(6月1日 札幌ドーム)
 1試合が行われ、ホームの札幌はC大阪と1―1で引き分け、勝ち点27の6位に上がった。前半にオウンゴールで先制を許したが、後半5分に前寛之(19)のプロ初ゴールで追いついた。C大阪は日本代表に選出された山口蛍(24)がフル出場。チームは勝ち点23で9位となった。

 ハリルジャパン入りを果たしたMF山口は、代表選出御礼ゴールはならなかった。アンカーとしてフル出場。ボール奪取や機を見た攻撃参加など持ち味を見せながら、相手に押し込まれる時間の方が長かった。前半39分にオウンゴールで先制したが後半に追いつかれた。

 「最後はカウンターの応酬のような形になった。この勝ち点1をプラスに捉えないといけない」と前を向く。W杯予選は初めての経験となるが「あと1試合あるんで」と6日の愛媛戦を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年6月2日のニュース