鮫島“二刀流”OK!1列前の左MF起用にも手応え

[ 2015年5月30日 05:30 ]

なでしこジャパン長野合宿打ち上げ

 鮫島が“二刀流”に前向きだ。なでしこでは左サイドバックが基本だが、28日のイタリア戦では後半17分から左MFとして出場して攻撃を活性化させた。1列前のポジションで攻撃的な切り札としての可能性を見せた鮫島は「どのポジションでも求められるのは攻撃力。役割は変わらない」と受け入れ「カットインからのシュートなど、ゴールに直結する動きをしたい」と意欲を見せた。

 イタリア戦ではボランチが本職の宇津木を左サイドバックで起用。佐々木監督は「(鮫島を)控えにおけばチャンスメークもできる。状況に応じてね」と話し、左サイドバックもローテーション制にする可能性を示唆した。鮫島は「このメンバーでやれるのは楽しい。どのポジション、どの時間帯で入っても役に立ちたい」とこだわりはなく、チームへの貢献を強調した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年5月30日のニュース