GK川島、ファンに退団の意思報告 出場減「受け入れ難い経験」

[ 2015年5月24日 09:40 ]

Sリエージュを退団する決意を固めた日本代表GK川島

 サッカーのベルギー1部、Sリエージュの日本代表GK川島永嗣(32)が24日、自身の公式ブログを更新、退団を決意したことをあらためてファンに報告した。

 「いつも応援して下さる皆さんへ」のエントリーで川島は「ベルギーに来てから早いもので、今シーズンで5シーズン目。スタンダールでプレーし始めてからも、もう3年になりました」と切り出し、「そして明日のシャルルロア戦がスタンダールでの最後の試合になると思います」と退団の意志を明かした。

 そして「新たなチャレンジをするために、かなり前から契約は更新しないということを決めていました」と説明。「今後もここヨーロッパの新たなチームで新たなチャレンジをしていくことになります」と欧州でプレーする意向を示した。

 今季は出場機会が激減。川島は「海外に出てからも試合に出続けることにこだわってきた僕にとって、この経験は本当に受け入れ難い経験でした」と振り返り、「ファンやサポーターの方々の期待に試合に出て応えることが出来なかったことは選手の僕にとっては本当に残念で仕方がありませんでした」と苦しい胸中を吐露している。

 川島は23日の練習後に報道陣に対し、Sリエージュ退団を明言していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年5月24日のニュース