昨年決勝再戦はレアル制し5季連続4強、ユーベも進出 欧州CL

[ 2015年4月23日 05:40 ]

決勝ゴールを挙げたレアル・マドリードのエルナンデス(AP)

 欧州CL準々決勝第2戦の2試合が22日に行われ、昨年決勝の再戦となったレアル・マドリードとアトレチコ・マドリードのスペイン勢対決は、レアルが1―0で勝ち2戦合計1―0として5季連続で4強に駒を進めた。

 第1戦はスコアレスドローだったマドリード・ダービーは、この日もともにシュートは打つものの試合終盤までゴールを割ることができなかった。アトレチコは後半31分にMFトゥランの退場で数的不利に。決勝点は後半43分、レアルのC・ロナウドが右から攻め込んで、ロドリゲスにパス、戻ったボールをエルナンデスに渡すと、エルナンデスがきっちり決めた。

 もう1戦のモナコ(フランス)とユベントス(イタリア)の対戦はスコアレスドロー、2戦合計1―0でユベントスが12季ぶりの4強入りとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年4月23日のニュース