浦和・関根20歳の誓い リオ五輪出場目指し「責任を持って」

[ 2015年4月20日 05:30 ]

浦和のアタッカーでU―22日本代表を目指す関根が19日に20歳となった

 浦和のU―22日本代表入りを狙うMF関根が20回目の誕生日を迎えた。18日の横浜戦で決勝点をアシストして10代を締めたアタッカーは、ファンからプレゼントを贈られ「お酒を飲めるようになりました」とおどけてみせた。

 当面の目標は来年のリオデジャネイロ五輪出場。「責任を持ったプレーをしていきたい。ハタチになって早く得点を決められるよう頑張りたい」と話した。目先の結果がU―22の手倉森監督へのアピールになると信じている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年4月20日のニュース