敵将・高木監督も脱帽「ここで点を取るからカズ、だからキング」

[ 2015年4月20日 05:30 ]

イレブンと喜びを分ち合う三浦(左端)

J2第8節 長崎2―2横浜FC

(4月19日 ニッパツ)
 日本代表時代の盟友で06~07年には横浜FCの監督として師弟関係にあった長崎の高木監督も“あっぱれ”だ。

 試合は2―2のドロー。47歳の高木監督より1学年上ながら、ピッチに立ち続けるカズに対し「異常ですよ。驚異的。いくら(体の)メンテナンスしてもみんなできない。気持ちのところなんですよ。気持ちが昔のままだからできる」。

 張本氏の言動による騒動も把握済み。「こういう流れの中で普通は点取らないよね。ここで点を取るからカズ、だからキング」。敵ながら脱帽していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年4月20日のニュース