圧勝発進にも手倉森監督は厳しい表情「次はアタッカー総入れ替え」

[ 2015年3月27日 19:20 ]

U―23アジア選手権予選兼リオ五輪1次予選 U―22日本代表7―0U―22マカオ代表

(3月27日 シャーアラム)
 五輪1次予選初戦のマカオ戦を7―0でものにした手倉森誠監督(47)だが、その表情は厳しかった。

 気温35度という猛暑の中での試合ということもあって、試合を通して体力と集中力を保つのがなかなか難しい状況。だが、指揮官は「時間が経つにつれて精度を欠いたのは反省しなくてはいけないところ。次はもっと涼しい中で戦えるので、より厳しさをもって戦えるようにしたい」と格下相手の圧勝にも満足はできなかった。

 4―0で折り返して突入したハーフタイムでの選手交代はなし。「アタッカーで取るべき選手が取るまで引っ張ったヤツもいた。皆が競争できる状態を作りたい」と意図を説明すると、「次はアタッカー総入れ替えでやりたい」と中1日で迎えるベトナム戦でのターンオーバーを明かし「(マカオ戦で)取れなかったヤツは反省するべき」と厳しい言葉も突きつけた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年3月27日のニュース