本田 右MF濃厚 白を基調に新カラースパイク弾再び!

[ 2015年3月27日 07:12 ]

ハリルホジッチ監督(左)の目の前で、パスを出す本田

キリンチャレンジカップ 日本―チュニジア

(3月27日 大銀ド)
 右MFで先発が濃厚な本田はゴール宣言だ。愛用するミズノ社のスパイク「イグニタス」を、チュニジア戦から白を基調とした新カラーのタイプに一新。同社を通じて「取り巻く環境は常に変化していますが、自分がやるべきことを見失わず、引き続き上を目指していきます」とコメントを寄せた。

 やるべきこと。それはゴールに他ならない。アギーレ体制以降は点取り屋としての動き習得に取り組んでおり、ハリルジャパンでも不変だ。

 黄金のスパイクを履いたW杯では初戦コートジボワール戦で先制点。6試合連続無得点だった11月のホンジュラス戦は「青い炎」をイメージしたカラーで臨み、1得点を挙げた。カラーチェンジした直後の試合はゴールの予感が漂う。取材エリアでは「お疲れさまです」と一言だけ。初陣へ集中力を高めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年3月27日のニュース