ハリル・ジャパン船出 代表31選手の寸評

[ 2015年3月20日 06:23 ]

アジア杯のヨルダン戦で先制ゴールを決めた本田(中)を祝福する香川(左)と岡崎

 <GK>

権田 修一 安定感と精度の高いフィードが特長。イタリア語など語学も堪能

西川 周作 足元の技術も光る現代型GK。高精度ロングフィードは攻撃の起点

東口 順昭 セーブやフィードなど必要な要素をハイレベルで備える3冠守護神

川島 永嗣 クラブで出番がない状況だが、アジア杯全試合出場の不動の守護神

 <DF>
昌子  源 カバリング、声出しが特長。センターバックでは珍しく速さも兼備

酒井 高徳 両サイドバックをこなせる万能性が魅力。対人プレーで強さを発揮

酒井 宏樹 右足から放たれる高速クロスが代名詞。1対1にも優れる大型SB

藤春 広輝 攻撃参加が魅力のスピードスター。守備面とクロスの精度磨きたい

吉田 麻也 プレミアリーグでも常時出場。安定感も増し守備のリーダーに成長

内田 篤人 戦術眼を生かしての位置取りは抜群。日本が誇る右サイドの生命線

太田 宏介 高速で精度の高い左足クロスはまさにワールドクラス。FKも武器

森重 真人 日本人屈指のCB。屈強なフィジカルを持ちビルドアップも得意

槙野 智章 縦への推進力が売りの“DFW”。激しい守備と明るい性格も魅力

長友 佑都 抜群の運動量を誇る左サイドのダイナモ。右太腿裏痛も回復は順調

水本 裕貴 スピード武器に相手FWを封じ込める。1対1に無類の強さを発揮

 <MF>
柴崎  岳 司令塔の筆頭候補。戦術眼、パスセンスに加えFKの精度も急上昇

山口  蛍 W杯ブラジル大会で全試合出場。圧倒的な運動量で中盤を制圧する

清武 弘嗣 総合力の高い頭脳派アタッカー。戦術理解早くポリバレントさ健在

香川 真司 攻撃の軸だが、最近は不調。ハリルホジッチ監督も復調に期待する

青山 敏弘 腰痛が癒え代表復帰。高精度のロングパスで局面を一気に打開する

長谷部 誠 主将として代表57戦出場は歴代最多。ピッチ内外で頼れるリーダー

今野 泰幸 左太腿負傷も癒え練習に合流。ボール奪取力とカバリング光る

 <FW>
武藤 嘉紀 驚異のスピードと強じんなフィジカル誇る。鋭いシュートも武器

宇佐美貴史 12年以来、待望の選出。運動量不足を補って余りある攻撃力が魅力

大迫 勇也 ポストプレーで味方も生かせる万能型。ドイツ1部挑戦でもまれた

永井 謙佑 50M走5秒8の快足には誰も追いつけない。MFでもプレー可能

乾  貴士 センスあふれる快足ドリブラー。アジア杯全4試合に先発して自信

小林  悠 右サイドのFWとして開幕から好調。決定力が増して得点王を狙う

興梠 慎三 天性の運動神経を持つ万能ストライカー。裏への抜け出しは一級品

本田 圭佑 フィジカル、キープ力、ここ一番の強じんなメンタルは追随許さず

岡崎 慎司 マインツで今季10得点を決めドイツで日本人初の2年連続2桁得点

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年3月20日のニュース